富士冨美子さん作「親なるもの断崖」が今話題となっています。タイトルからどのようなものなのか思い無料で試しみ読んだところ読めば読むほど内容が濃く先が気になりいつの間にか夢中になっていました。親なるもの断崖無料「親なるもの断崖」は、北海道室蘭であったできことでありその時代を生き抜く人の酷く壮絶な人生を描いている。登場人物は、松恵(16)、その妹梅(11)、道子(11)、武子(13)の四人の少女が遊郭に売られ男に体を捧げていくのである。この時代は、貧しく食べるのもままならなかった。そのため、親に売られる娘や家族がいる妻がみずから女郎になりお金を稼ぐのであった。「生きるも地獄、死ぬのも地獄」生きていても幸せなんて感じることはないのでした。今の時代こんな風 に考えることがありますか。「親なるもの断崖」を読み、自分がどれほど幸せな時代に生まれたのか身にしめて思い知らされます。女は性欲を満たす「道具」。男は働き続けるだけの「奴隷」。もし使い物にならなけれは生き埋めや火あぶり・・・。逃げ出そうとすれば残酷な拷問。女性も関わらず殴られるのであった。とても辛いのですが、先行きがとても気になる漫画です。「親なるもの断崖」を読み色々考えていただきたいです。



★コンブチャクレンズ公式サイト!★


★コンブッカ公式サイト★
ハーブアブソリュートコンブッカ